学生マンションやシェアハウスも選択肢の一つ

学生マンションを利用するメリット

大学などに進学するにあたって通学が難しいのであれば賃貸物件を利用しなければいけないでしょう。大学によっては地方から出てきて一人暮らしをする学生が多いところもあり、受験シーズンからどんどん賃貸物件の流通が激しくなります。多く出回る賃貸物件の中で学生が利用するとよいのが学生専用マンションでしょう。周辺に大学などの学校があるところであれば結構数があり、通常はワンルームマンションで一人暮らし専用になっています。学生専用マンションのいいところは賃料が安かったり住人が学生しかいないところです。社会人やファミリーがいる賃貸だとライフスタイルが異なるためトラブルになる可能性があります。学生同士ならライフスタイルも近く年齢も近いので安心して住めるでしょう。

安く住めるシェアハウスの仕組み

単身で生活をしたいが通常の賃貸物件は家賃が高くて希望の物件が見つからないときがあります。比較的安く利用できる賃貸物件としてシェアハウスがあるので、仕組みを理解した上で利用を検討してみましょう。シェアハウスは一戸建ての住宅を複数の利用者で共同利用する賃貸で、利用が決まると家の中の一部屋を専有して利用できます。キッチンやバス、トイレなどは他の利用者と共有しなければならず、住人同士でルール決めをするところもあるようです。最近はシェアハウスを前提として建てられた建物もあり、キッチンやお風呂が広かったりトイレも複数あるなど戸建てタイプよりも快適に暮らせます。賃料は利用人数に関係なく一人当たりの金額が決まっていて、古い物件の方が安くなるかもしれません。