セキュリティ面を重視するならマンションがおすすめ

防犯対策がしっかりされている

マンションでは、防犯対策をしっかり施しているところが増えてきています。オートロック機能があるマンションでは、そのマンションの住人でなければエントランスの鍵を開けることができません。マンション以外の人が中に入るには、インターホンを通して、住人に確認してもらい、オートロックを開けてもらわなければなりません。このインターホン自体も、TVモニタ付きのインターホンになっているところがあり、この場合はTVモニタを通して、画像で訪問者を確認できるため、セキュリティ度はさらに上がります。また、さらにセキュリティ対策を確実なものにするために、防犯カメラを設置しているマンションもあります。マンションでは、このように設備が整っているマンションを選ぶことで、安心を手に入れることができます。

マンションは開口部が少ない

戸建ての場合は、全周外部に面しており、それぞれの空間に窓が付いています。お風呂やトイレなどにも、小さな窓が付いていることが良くあります。ところが、マンションの場合は、角部屋でない限り、基本的には、ドアが付いている面以外では一方向しか外部に面していません。そのため、単身向けのマンションでは特に、窓はベランダに面している大きな窓のみ、ということがほとんどです。外部からの侵入者は、窓やドアなどの開口部から入ってきます。そのため、開口部が少なければ少ないほど、そのリスクは減るということになります。マンションでは、施錠や防犯対策をきっちり施さなければならない開口部が少ないため、セキュリティ面で安心と言えます。