家賃を抑えたい時はアパートがベスト

アパートは賃料がマンションよりも安い

皆さんは、1人暮らしをする際、部屋をどのような基準で選んでいますか?駅からの距離や周辺環境など人によって選ぶ際の優先順位は異なるものですよね。ただ家賃をなるべく抑えたいという場合、アパートで生活することをお勧めします。そもそもアパートとは、木造や軽量鉄骨造でできた2階建て以下の建物のことです。アパートは建築する際の材料費が低いことから、賃料もマンションに比べて安く設定されていることが多いです。また、マンションの場合、管理人などの人件費がかかるため、管理費や共益費などのお金を入居者は支払わなければいけません。その点、アパートの場合、管理人が常駐していないことから管理費を払う必要もなく、毎月のお金を節約することが可能です。

リノベーション済み物件がおすすめ

アパートと聞くと、内装が古くて狭いというイメージを持っている人が少なくありません。しかし、築年数が経過している物件の場合、入居者を募るために大家がリノベーションをして内装をきれいにしているケースもあります。浴室やキッチンなどがマンションと同じレベルで機能性に優れている物件もあります。つまり、古いアパートでもフルリノベーション済みの物件なら、新築よりも好条件で暮らせる可能性もあるということです。フルリノベーション済みの物件は、物件の募集広告などにきちんと記載されているものです。ただ不動産会社の情報がすべて正しいとは言えず、古いアパートの中にフルリノベーション済み物件が混ざっているケースもあります。したがって、自分の条件に合う物件が見つかったら積極的に内見してみると良いでしょう。